PPP ―Paper Product Prototypes―

 ―

平和紙業の運営するギャラリーPaper Voice Tokyoのリニューアル企画。

3組のデザイナーが、紙プロダクトのプロトタイプをデザインし、紙の物理的

特性に着目しながら、情報媒体としての紙ではない可能性を探る展示会。

パートナーの三上悠里とともに、プロダクトデザイン、広報物デザインを担当。

 ―

プロダクトプロトタイプ

紙の日よけ/雨よけ:脱プラスチック、省ゴミの観点から、

 ちょっとした雨や日差しを遮るものとして、リサイクル可能な紙による

 プロダクトを提案。

紙の包み袋:紙にメッシュを入れることで柔軟性を増し、モノを包むことができる

 ふろしきのようなプロダクトを提案。印刷する柄が変形によって変わる。

デザイン:保田卓也+三上悠里

 ―

広報物デザイン

コンセプト「紙の新しい風景」をベースに、風景画のようにプロトタイプを撮影。

DM裏面は紙の物理性を強調するため合紙色紙に箔押し・シルクスクリーン印字。

AD:三上悠里

デザイン:三上悠里+保田卓也

 ―

クライアント:平和紙業株式会社

企画:西谷浩太郎[平和紙業株式会社]

製造設計:篠原慶丞[有限会社篠原紙工]

参加:尾形 達[B6 Stduio]、工藤陽介[紙の構造デザイナー]

広報写真:鈴木陽介

記録写真:玉村敬太

PPP ―Paper Product Prototypes―

 ―

Exhibition planned on a renewal opening of Paper Voice Tokyo, managed by

Heiwa Paper. 3 design teams proposed paper product prototypes, focusing on

physical characteristics of paper, not information medium to look for the new

possibilities of paper. I worked with my partner Yuuri Mikami to propose  two

prototypes and design posters/DM.

 ―

Product prototypes

Paper sun-shade/rain-shade: Alternative for umbrellas for light rain and

sunlight toreduce plastics and wastes

Paper folding-bag: By adding mesh to a paper, it gains flexibility and ability to

fold things like Furoshiki. Patterns on a paper change as you fold it.

Design: Takuya Hoda + Yuuri Mikami

  ―

Poster/DM

Based on a concept “New landscape of paper”, we shoot prototypes as scenery.

AD: Yuuri Mikami

Design: Yuuri Mikami + Takuya Hoda

  ―

Client: Heiwa Paper Co., Ltd.

Produce: Kotaro Nishitani

Production: Keisuke Shinohara

Participation: Tatsu Ogata, Yosuke Kudo

Poster/DM photo: Yosuke Suzuki

archive photo: keta tamamura